読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sidewalkcafe blog

日々是好日

歴史修正が好き

おいらは南京大虐殺もドイツのホロコーストも無かったと思ってる人なんだけど
(極右? まぁホロコーストなら中国やソ連を取り上げたら?桁が違うから)
最近また面白い記事を見付けたw


張作霖暗殺はソ連軍の仕業: 〜ちょっと頭の休憩室〜

いわゆる満州事変の元(始まりは別)となったとされる張作霖爆破事件
これまでは日本の関東軍が犯人とされていたがソ連の仕業という研究結果が発表される


これはどういう事かというと・・・
当時、日本には領土的野心があった訳では無いという事になるのかな?
通説では満州での権利を独占するために関東軍がやった事になってるけど
それならばとっととやっちゃって占領なり併合なりしちゃえば良かったんだ
(事件は1928年、その後満州事変1931年を経て満州建国1932年)
つまり日本としては暗殺とか爆破とか、そういう血なまぐさい事をせずに
穏便に自国の利権と安全を確保したかったのだろう


この事件のお陰で、張作霖の息子に嫌われ満州における日本の優位性をことごとく失っていく