sidewalkcafe blog

日々是好日

書物

無題

ふと 死を思う 自分の前から去ってゆく人 彼らは 時の流れから開放され 永遠の 止 の中に居る 我々は 時間に流され 動き続けなければならない 動き続ける事で 考え続ける事で 答えを探し考え続ける事が答えなのだと思う 静かに 安らかに眠る 彼らの下へ 心揺…

或る誕生日の記憶(3)

たなばたの つきの最後に 聞けなくて 伏してつたう 雨ふらずの空

或る誕生日の記憶(2)

休みの日に早く目が覚める。べつにそれ自体は大した事でもない、だけどこの行動はいつから始まったのか・・・そう考えるとやはり「あの頃」からだったように思う。 それまで自分は休みの日といえば昼過ぎ、遅い時には3時を過ぎて起きていた。特に何をするこ…

或る誕生日の記憶(1)

今日は7月7日、七夕です。 子供達は短冊に願いを込め、恋人達は一夜の再会に酔いしれる、そんな夏の日。 私は或る人の事を思い出します、7月7日が誕生日のあの人の事を。。。 私の誕生日に祝いの言葉を捧げてくれたあの人に、私がおめでとうの言葉を贈る…